借金返済

借金返済は借りるときから意識するべき

消費者金融などの貸金業者を利用する方の多くは、生活費の充当のために借金をしています。
それぐらい月々の生活が切羽詰っているということです。

 

それで、月々の返済額をなるべく少なく設定して契約をすることがあります。
そうすれば家計にかかる負担を軽減できると考えるからです。

 

でも、実はこれが逆に家計を圧迫することにつながるかもしれません。

 

月々の返済額の内、利息に充てられる額と元金の返済に充てられる額が実際にどれぐらいなのか確認してみましょう。
月々の返済額を少なく設定していると、もしかしたら利息の支払いの割合がかなり高いかもしれません。

 

こうなると、肝心の元金はなかなか減らず、延々と借金返済を続けることになります。
しかも、短期間で返済した時よりもかなり多くの利息を支払うことになります。

 

逆に、生活が少々苦しくなるものの、できるだけ多くのお金を借金の支払いに充てれば、借金完済への近道ができます。
もちろん返済不能になったら元も子もないので、具体的な返済計画を立てる必要があります。

 

ただ、毎月利息だけを支払い続けるという落とし穴に落ちないように気を付けましょう。

 

契約時に決めた返済額で返済を続けていくことを考えると、契約する前から返済を意識することが非常に大切です。
返済シミュレーションを利用したり、利息の計算方法を覚えるなどして、損のない借り方をしましょう。

 

はじめてお金を借りる方は、期間限定の無利息サービスを受けることができるかもしれません。

サービスを上手に活用し、安全な利用を心掛ければ、無理のない返済ができます。


このページの先頭へ戻る